FASHION + DANCE + EVENT

Categories

2014年7月31日木曜日

問題点というか反省点

昨日はラウンジに沢山の来場がありました。ありがとうございます。新しい試みというか、ゲストダンサーのかずささんが字幕HUDとカメラアングルを使った芝居演目を披露してくれました。映画みたいな感覚で。自分も芝居演目になったら字幕使いたいかなとは思った。

みずきちゃん撮影
さて、はなしを自分の方に戻させてもらうと、自分の演目披露は
あんまよくなかったかなー。

新しいラウンジになってから何がわからなくなったかというと、ダンサーが、チャットの全く届かないの場所での披露なので、客の感想が全くわからないということなんですね。客のつかみがわからないのでこの演目は良かったのか悪かったのか全く。自分としては今迄と違う演出で頑張ってみたのですが、お客さんはどう思ったのだろうと。

他の方のブログで感想見たりして、ああ、ナルホドネと、それでわかることが多いです。

あと今回の反省点。前回FSで落ちまくったのでそれを回避するために公式で入ったんですが、落ちにくくはなったものの音のラグがひどすぎて、やはりこれもどうしたもんだろうと。だいぶ前に1回程公式で披露して、その時も音のラグがひどかったので、これは使えないと思ってそれ以降のラウンジでは使わなかったわけですが、今回、リハのときにラグ計ってFSと公式の差がないから大丈夫だと思い、使ったんですがね。やはりダメでした。10秒近く音ずれがあったかな。これははっきり言って痛い^^;

ただ1部での披露では音のずれはないようなので、途中から起こるのか、重たくなるとおきるのか。客側が音を押し直しなのか、ダンサー側が音を押し直しでなおるのか、それも調べていかないと。今回の音ずれがひどすぎたんで、やはり公式はつかえないかなー^^;

Mac使いのローズさんがSのつくビューワ使っていて、それがいいと言っていたんで、そっちも試してみようかな。光の出方がいいらしい。 ローズさんが一回も落ちなかったってきいて、つかってみたくなった(えw

まー、昨日は自分の演目に関しては考えさせられた。2、3日ちょいと考えてみよう。






0 件のコメント:

コメントを投稿